運び出すのも大変…!ピアノの種類別の捨て方・処分方法とは?費用はどれくらい必要?

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

不用品の内容をすべて選んでください

不用品の内容についてお選びください。

次へ

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

ピアノは、専門業者しか解体ができず、ピアノ線などの破砕が難しいとされています。そのため、ピアノは粗大ごみとして処分できません。(電子ピアノは粗大ごみ処分を受け付けている自治体もあります。)

いらなくなったピアノの正しい処分方法は、①買取処分、②知人に譲る、③小売店に引き取りを依頼する、の3つがあります。

いらなくなったピアノの正しい処分方法について、さらに詳しく説明していきます。

ピアノの種類や状態で処分方法はかわる?

まず、ピアノは中古品でもある程度の需要があります。状態のよいものは買取処分買い取ってもらえなかったピアノは小売店に引き取り依頼することを考えましょう。

ただし、状態がよく弾ける状態であっても、長い間調律を行ってこなかったなどの不備があるピアノは、音が出ても買い取ってもらえないことも

ピアノの処分方法3つ

さらに詳しくピアノの処分方法を確認していきましょう。

弾ける状態のピアノならば楽器専門の買取処分を検討する

まだ使えるピアノを処分したいならば、まずは買取処分ができないかを確認しておきましょう。楽器を専門としている買取業者に査定を依頼して、売れるかを確認してみてください。

査定方法は電話で済む場合が多く、「ピアノのメーカー」「型番」「製造番号」「ペダルの本数」を伝えるだけで買取が可能か教えてもらえるようです。本体内部に、製造番号などが記載されたシールが貼ってあります。天板を開ければシールを確認できますから、事前にチェックして電話やメールで伝えましょう。

買取ならば、業者がピアノを引き取ってくれるだけでなく、買取金額も受け取れます。ただし、あまりにも古いモデルであったり、状態の悪いものは引き取ってもらえない可能性も高いです。

友人などに譲る

友人や親戚にピアノを欲しがっている人がいるならば、譲ることも検討しましょう。

ただし、ピアノは大きなものですから、自分では運び出せないことが多いでしょう。加えて、ピアノは繊細な楽器ですから、乱暴に運ぶと弦が切れたりダメになったりしてしまうこともあるのです。

ピアノを専門に扱う配送業者などもありますから、譲る場合は、そのような業者を頼るようにしましょう。この場合、処分費は無料ですが、配送費用がかかります。

電子ピアノ以外のピアノは粗大ごみとして出せない

ピアノを処分しようとしたとき、多くの人は「粗大ごみとしての処分」を検討するのではないでしょうか?

しかし、多くの自治体は電子ピアノ以外のピアノは、粗大ごみとして処分不可としています。自治体によっては、ピアノを粗大ごみとして出せることもありますが、そのような例は稀です。粗大ごみとしては出さないようにしましょう。

ピアノの購入店や買い替えをする店舗に引き取りを依頼する

購入した店舗や買い替えする際に引き取りを依頼できるか確認しましょう。大型家電量販店では、電子ピアノであれば引き取ってもらうことができる場合があります。ピアノは搬出に特殊な技術が必要なものになりますので、配送は購入店が行うのではなく収集運搬業者に委託することが多いようです。そのため、搬出費用に数万円程度かかる場合があります。

また、ピアノが一戸建ての2階やマンションの高層階のお部屋などにある場合、作業に手間がかかることがあります。高度な搬出作業を要する場合は、収集運搬作業費用が高額になる恐れがあります。運びにくい場所にあるならばその点を業者に伝えた上で、見積もりを取りましょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

ピアノを処分・回収したいのならば、まずは運び出す方法をきちんとシミュレーションしておくのが大切です。ピアノを購入した時と今では、部屋の状態や自宅の立地などが変わっていることも多いでしょう。

家具が部屋に増えたり、あとから隣に家が建ったりした場合、うまく運び出せないこともあるのです。ピアノの通る隙間などがなさそうに感じたのならば、事前に相談し、どうやって回収してもらうかを考えておきましょう。

また、買取をしてもらう場合、ピアノの椅子や鍵といった付属品もあるのならば、きちんとそろえて準備しておくと、査定結果がよくなります。加えて、もしもピアノを長期間使っていないのならば、ピアノ用のクロスなどでホコリを取っておくのも大切です。

おわりに:適切な方法でピアノは処分しよう

ピアノは大きい楽器ですから、部屋のインテリアなどの邪魔になってしまうことでしょう。ですので、不要になったのならばすぐに処分することが大切です。

ピアノは粗大ごみとしての処分ができない楽器ですから、売る・譲る・廃棄するの中から処分方法を選ばなくてはなりません。いずれの方法を取るにせよ、ピアノを部屋から動かす必要があります。事前にきちんと動かせるかを確認し、難しそうならば、業者に相談するようにしましょう。