引っ越し時に出る不用品はどう処分すべき?正しい処分方法を解説

引っ越しの前後には大量の不用品が出ます。スムーズに引っ越しをするには、これらの不用品処分の方法をしっかりと考えておいて段取りよく進めていく必要があります。

不用品の正しい処分方法は、①粗大ごみに出す、②引っ越し業者に依頼する、③リサイクルショップの買取サービスを利用する、④オークションサイトやフリマアプリで売る、の4つがあります。

不用品の処分方法について、さらに詳しく説明していきます。

引っ越し前にでた不用品の処分方法4つ

引っ越し前に出た不用品の処分方法は、大きく分けて4つあります。引っ越しまでの日時も意識しつつ、自分に合った不用品処分方法を選びましょう。

粗大ごみに出す

引っ越しまでにある程度の時間があって、ごみ収集の日に間に合うならば、粗大ごみに出して処分してしまいましょう。

小物類は可燃ごみ・不燃ごみとして処分できますが、大型の家具や家電などは「粗大ごみ」に分類され、事前に申し込みを済ませ、指定された金額の「粗大ごみ処理券」を購入し、指定日に指定された場所へ自分で出す必要があります。

ただし、家電リサイクル法の対象となっているもの(※テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機など)やバッテリーやタイヤなどは粗大ごみとして出せませんので注意しておきましょう。

引っ越し業者に依頼する

もしも、粗大ごみとして不用品を処分するのが難しいならば、引っ越し業者に不用品を引き取ってもらうのもおすすめです。引っ越し業者のホームページなどに「不用品引き取りサービス」に関する情報の記載があるので確認し、相談してみましょう。

引っ越し業者に依頼すれば大きな家具も運び出してくれますし、引っ越しとあわせて回収してもらえるので楽というメリットがあります。

ただし、家電リサイクル法の4品目に該当する、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機は、引越業者に依頼することはできません。(引越業者が小売業者に該当する場合を除く)

リサイクルショップの買取サービスを利用する

不用品の状態がキレイならば、リサイクルショップに買い取ってもらえる場合があります。例えば、使用状態の良いブランド家具や、製造年が比較的新しい大型家電は、無料あるいは買値がついて不用品を買い取りしてもらえる可能性があります。

近年、リサイクルショップの買取サービスは利用方法が充実してきています。自分で店舗に持ち込む店頭買取をはじめ、自宅に来て査定・買取をしてくれる出張買取、段ボール箱に不用品を入れて宅配便でリサイクルショップに送り、査定を依頼する宅配買取などもあるようです。

ご自身で持ち込むことが難しい大型家電や家具などは、お近くのリサイクルショップに連絡し、出張買取を行っているか問い合わせてみましょう。リサイクルショップの買取サービスを利用すれば出張費や査定費はもちろん、実際に依頼をすることになっても搬出作業料金などの費用はかかりません。出張買取サービスを利用すれば、費用をかけずに運び出しも含めて不用品を一括で処分できるメリットがあります。

ただし、リサイクルショップの規模によっては、専門外の製品も存在しているので注意が必要です。持ち込む前に、事前に電話で、自分が処分したい不用品が買取サービスの対象であるか確認しておきましょう。

オークションサイトやフリマアプリで売る

もしも、一部のマニアに需要があるものやブランド品の不用品があるならば、オークションサイトやフリマアプリで売却するのもおすすめです。

高値がつくと、引っ越し費用の足しにできるメリットがあります。ただし、購入者とトラブルになったり、引っ越し日直前に売れてしまうと引っ越し前の忙しい時期に発送作業をしなくてはならないデメリットがあります。余裕があるときにおススメの手段です。

引っ越し後にでた不用品の処分方法

不用品は、引っ越し前に処分するのが一般的です。しかし、急な引っ越しの場合は、引っ越し後に不用品処分することもあるでしょう。

この場合でも、基本的には引っ越し前と同じ方法で処分すると良いです。ただし、引っ越し後ならば時間に余裕がありますから、一部のマニアに需要がある不用品ならば時間をかけてオークションなどに出すのも良いでしょう。

荷解きしたときにでるダンボールは回収してもらえるの?

荷解きをしたときには、ダンボールが大量に出ることになるでしょう。これらのダンボールは引っ越し業者に回収してもらえます。ただし、引っ越し業者の中には自社が提供したもののみ回収としていることもあります。

そのような場合は、お住いの市区町村の指示に従い、処分しましょう

【豆知識】引っ越し後の不用品を少なくするテクニック

引っ越しは整理整頓をするチャンスでもあります。不用品をなるべく少なくするようにしましょう。引っ越しでうまく不用品を少なくするテクニックは以下の通りです。

  • 本当に必要なものかを見極め優先順位をつける
  • どれだけ残すかを決めておく
  • 関連するものもセットで捨てる
  • デジタル化を検討する

引っ越し後の不用品を少なくするためには、物同士を比較して優先順位や大切なものの順番をつけていくのが大切です。また、「本棚に入るだけの本を持っていく」「衣類は衣装ケース2つ分までにする」などと、残す量を決めておくと良いでしょう。

この際に、不用品は関連するものもセットで廃棄するようにします。たとえば、本をたくさん処分したら本棚もセットで手放す、衣類を捨てたらハンガーも減らすというように関連するものを処分しましょう。

また、なかなか捨てられないけれどかさばる本などは、スキャンなどをしてデジタル化していくのもおすすめです。

おわりに:引っ越し時の不用品は段取りよく処分しよう。

引っ越し時の不用品は、引っ越し業者に引き取ってもらったりオークションで売却したりすることで処分可能です。

ただし、処分方法の中にはお金がかかるものもありますし、オークションなど時間がかかるものもあります。大切なのは、自分の予算や引っ越しまでの時間がどれくらいあるかを考えることです。

大まかな予算や時間を決めておき、段取りよくスムーズに不用品処分をしていきましょう。