懐かしいブラウン管テレビを処分したい!正しい処分方法を解説

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

不用品の内容をすべて選んでください

不用品の内容についてお選びください。

次へ

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

地デジ化によって使われることのなくなったブラウン管テレビ。ほとんどのご家庭では、すでに処分が完了していることでしょうが、捨て損ねて残っているという場合も多いでしょう。またブラウン管テレビは家電リサイクル法の4品目に指定されますので、粗大ごみで処分することはできません。

ブラウン管テレビの正しい処分方法は、①小売店に引き取りを依頼する、②指定引取場所へ直接持ち込む、③市区町村が指定する業者に収集・運搬を依頼する、の3つがあります。

基本的に、ブラウン管テレビは液晶テレビと違って買い取ってもらえる可能性が低いので、費用がかかります。ブラウン管テレビの正しい処分方法について、さらに詳しく説明していきます。

ブラウン管だと普通のテレビと処分方法が違うの?

ブラウン管も普通のテレビも処分方法は違いません。

しかし、一つ大きく違う点があるとすれば、買い取ってもらえる可能性が低いという点です。普通のテレビならば、利用ができればリサイクルショップに買い取ってもらえたりオークションで売れたりします

しかし、ブラウン管テレビは地デジ非対応なので、使うことができません。そのため、リサイクルショップでは引き取ってもらえない可能性が高いですし、査定すらしてもらえない場合がほとんどです。

ブラウン管テレビの処分方法3つ

ブラウン管テレビは、以下のような3つの方法で処分できます。家電リサイクル法という法律が平成13年に施行されてから、テレビなどの資源価値のある大型家電は捨てる時にリサイクル料金を負担することになっています。

粗大ごみや不燃ごみとしては処分できないので注意しておきましょう。

小売店に引き取りを依頼する

リサイクルが必要な家電は、購入した家電量販店に引き取りを依頼できます。ただし、ブラウン管テレビは、購入してから年月がかなり経っている場合がほとんどのはずです。購入店が分からなくなっていたり、店舗が廃業していたりすることもあるでしょう。

この場合は、お近くのお店に引き取りしてもらえるか相談してみましょう。家電リサイクル法では、小売業者は過去に販売したブラウン管テレビや買い換えの際に引き取りを求められた場合に引取義務が発生しますが、それ以外のブラウン管テレビも小売業者は引き取ることができます。

指定引取場所へ直接持ち込む

リサイクルが必要な家電は、各都道府県に設けられた指定引取場所に収集されることになっています。この指定引取場所は、業者だけでなく消費者が個人的に持ち込んでも良いことになっています。

ですから、事前に郵便局でリサイクル料金を支払い、指定引取場所に持ち込めば回収してもらえます。自分で運び込む手間はかかりますが、リサイクル料金の支払いだけで処分ができるので、処分費用をおさえたい人にはおすすめです。

まだ使えるブラウン管テレビの処分方法

最初に確認したようにブラウン管テレビは、リサイクルショップなどに買取をしてもらえない場合がほとんどです。ごくまれに、オークションサイトに出品するとマニアに落札をしてもらえることもありますが、可能性としてはかなり低いといえるでしょう。ですので、基本的には故障したブラウン管テレビと同様の方法で処分します。

処分にかかる費用は?

ブラウン管テレビは、家電リサイクル法の対象です。ですから、処分するには、15型以下は1,200円~2,819円、16型以上は2,200円~3,364円程度のリサイクル料金が必要になります。リサイクル料金は、どのメーカーの製品であるかによって細かく分類されているので、一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページで確認してみましょう。

指定引取場所に自分で持ち込む場合以外は、さらに業者によって決められた収集・運搬費用がかかります。詳しい収集・運搬料金は、依頼する業者に確認をとりましょう。

また、ブラウン管テレビは、リサイクルショップといった買取業者の引取対象外の家電である可能性が高いです。ですから、これらの業者に依頼しても、査定すらされないこともあるので注意しておきましょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

ブラウン管テレビの処分・回収前にやっておきたいことは、メーカーと画面サイズの確認です。テレビは、メーカーや画面の大きさによって、リサイクル料金が異なります。ですから、処分・回収を依頼する前に、処分したいテレビの大きさを確認しておくようにしましょう

ただし、購入時の説明書などをなくしていて、大きさがわからないこともあるはずです。このような場合は、テレビの裏に貼ってあるシールを確認してください。

シールの中に型名が記載されているはずですが、その型名と一緒に記載されている数字がインチ数です。まずは、大きさを確認するようにしましょう。

おわりに:ブラウン管は売れない可能性が高い

普通のテレビならば、リサイクルショップに持ち込めば無料引取や買取をしてもらえる場合がほとんどです。しかし、ブラウン管テレビは需要が低く、査定段階で断られる可能性が高いといえるでしょう。

ブラウン管は、使えるか否かに関係なく、有料で処分をする必要があります。家電量販店に引き取りを依頼したり指定引取場所へ持って行ったりして、リサイクル処分をしてもらうようにしましょう!