布団などの寝具は燃えるゴミでいいの?種類別の捨て方・処分方法を解説

布団は布や綿といった燃える素材でできています。そのため、可燃ごみとして処分をしても良いと誤解されがちです。しかし、基本的には可燃ゴミとしては処分できません。布団の処分方法のポイントをまとめると以下の通りです。

  • 粗大ごみとして処分する
  • ばらばらにして可燃ごみとして処分する
  • 布団販売店に引き取ってもらう
  • 引っ越し業者に回収してもらう
  • リユース業者に売却する

布団は、ばらばらにしない限り可燃ごみにはならないのです。ばらばらにするのは大変ですから、粗大ごみとして捨てるのがおすすめです。さらに、きれいなものならば売ることもできます。処分方法を確認していきましょう。

布団の種類や状態で処分方法はかわる?

布団の種類は、綿、ポリエステル、羊毛、羽毛にわけることができます。しかし、いずれの素材も可燃性という点では変わりませんので、同じ方法で処分できます

ただし、個々人の事情によって、処分方法が異なってきます。具体的には以下の通りです。

  • 基本的には、粗大ごみとして処分する
  • ばらばらにできそうなら可燃ごみとして処分する
  • 新しい布団を買う予定なら布団販売店に引き取ってもらう
  • すぐに処分したいならリユース業者に売却する

布団は場所を取ってしまうので、不要になったらすぐに処分するようにしましょう。

布団の処分方法4つ

布団の処分方法を詳しく確認していきましょう。

粗大ごみとして処分する

布団はサイズの関係もあって一般ごみとしては処分できません。

自治体の粗大ごみ受付センターに連絡をして申し込む必要があります。受付は電話とインターネットの2つがあります。

受付時に指示された分だけの「有料ごみ処理券」をコンビニなどで購入し、収集日に布団に貼り付けて、収集場所に持っていきましょう。

この際に、布団をできるだけ小さくたたむことといったルールがある自治体もあるので、受付時の指示に従いましょう。

指示された日に自分で運び出さなくてはならない大変さはあるものの、費用は自治体によって異なりますが500円程度で済むメリットもあります

ただし、収集日が決まっているので、タイミングが合わなかったり時間がなかったりするなら以下でご紹介する別の方法を検討しましょう。

細かく切って可燃ごみとして出す

もしも、処分したい布団の汚れや破れが著しいならば、小さく切って可燃ごみとして処分しましょう。

指定のごみ袋に、ばらばらにした布団を入れて処分します。

ただし、布団を細かくするのは大変です。綿や糸屑が周囲に飛び散る可能性もあります。

粗大ごみの回収にかかる費用を節約したい、粗大ごみの収集日まで待てないといった事情がある場合にはおすすめですが、労力がかかるデメリットがあることを覚えておきましょう。

布団販売店に引き取ってもらう

新しい布団を購入するならば、それと引換えで古い布団を回収してもらえることがあります。購入店舗に確認してみるようにしましょう。

リユース業者に売却する

すぐにでも布団を処分してしまいたいのならリユース業者に売却しましょう。

新品のものならば比較的高値で買い取ってもらえるようです。ただし、中古品の布団はあまり好まれない傾向にあります。ですから、売却処分ではなく回収料金を払っての処分となることもあるようです。

しかし、依頼すれば最短即日対応してもらえますし、回収作業も業者が行なってくれるので楽というメリットもあります。

処分・回収前にやっておきたいこと

処分や回収の前にやっておきたいこととは、布団圧縮袋の用意です。

布団が大きすぎると、布団を捨てたり回収してもらったりするときに手間がかかります。

なるべく厚手の圧縮袋を準備して、布団を小さくして運びやすくしておきましょう。

仮に、回収までに時間がかかる場合も、収納するときに役立ちます。また、もしもリユース業者に売却依頼するならば、防臭機能のある圧縮袋で保管しておくと、価値が下がる可能性が少なくなるのでおすすめです。

おわりに:適切な方法で布団を処分しよう

布団は基本的には、粗大ごみとして状態できます。ただし、粗大ごみは収集日が決まっているので、早く捨てたい場合やタイミングが合わなかった場合は、別の処分方法を検討しなくてはなりません。リユース業者に売却したりするようにしましょう。

いずれの方法でも「圧縮袋」があると便利ですので用意しておきましょう。