コンプレッサーの種類別の捨て方・処分方法を解説

コンプレッサーは、かつては建設関係で使われることが多かったのですが、DIYの流行などの影響もあってご家庭で使われている方も多いでしょう。便利な道具ではありますが、いざ処分しようとすると、どうすればいいのかわからなくなることも…。

コンプレッサーの正しい処分方法は2つあります。

  • 粗大ごみとして処分する
  • リユース業者に売却する

しかし、最近は廃棄物の法律規制などもあり、なかなか処分が難しくなってきてもいます。
自治体の中には、コンプレッサーは粗大ごみとして回収不可としている場合もあります。正しい処分方法を確認していきましょう。

コンプレッサーの種類や状態で処分方法はかわる?

コンプレッサーは、種類や状態で処分方法がかわることはありません。たとえ壊れていてもパーツに価値があるので買い取ってもらえる可能性が高いです。

ただし、自治体のルールによっては処分方法が変わってきます

コンプレッサーは特殊な機械です。ですので、自治体によっては粗大ごみとしての回収不可としているケースがあるのです。

たとえば、横須賀市では、「容量または重量の著しく大きいもの」であるという理由でコンプレッサーの粗大ごみ回収をしていません。その一方で、コンプレッサーを粗大ごみとして出してもよいとしている自治体もあります。

自治体によってコンプレッサーの扱いはまちまちなのです。自身の自治体のルールをきちんと確認して処分しましょう。

コンプレッサーの処分方法2つ

コンプレッサーの処分方法2つを具体的に確認していきましょう。

粗大ごみとして処分する

コンプレッサーを手っ取り早く処分したいならば、粗大ごみとして捨てるようにしましょう。

ただし、自治体によってはコンプレッサーを引き取ってもらえない場合もあります。まずは自治体のホームページでコンプレッサーが捨てられるかを確認しておきましょう。

粗大ごみとして処分可能かがわかりにくい場合は、粗大ごみ受付センターに直接問い合わせをします。

対応可能の自治体だった場合は、電話やインターネットで粗大ごみ回収申し込みを行います。申し込みの際に教えてもらった料金分に該当する粗大ごみ処理券を購入し、あとは指定日に指定された場所にコンプレッサーを運び出しておきましょう。

コンプレッサーは重さのあるものです。当日に「運べない」と焦らないように、運び方などを事前に確認しておきます

リユース業者に売却する

コンプレッサーは壊れているものでもリユース業者に売却することができます。部品だけでも価値のある機械だからです。

特に、高圧コンプレッサーは高額で取引されているので、リユース業者に査定依頼するようにしましょう。

なお、古いものでも売れないと諦める必要はありません。中古コンプレッサーの買取査定では、年式よりも動作状態や外見のきれいさが大切になってくるのです。

コンプレッサーを買い取ってくれるリユース業者は数多く存在しています。なるべく高く売りたいならば、複数業者に査定依頼するのがおすすめです。

コンプレッサーは重たいものですから、自分で持っていくのが大変ならば、出張買取を実施しているリユース業者を選ぶようにしましょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

コンプレッサーを粗大ごみとして処分する場合、その前にやっておくべきことは基本的にはありません。

コンプレッサーは重たいものですので、搬出がきちんとできるかの確認はしておきましょう。一人では運べないならば、協力者を集めておきます。

一方、売却による処分をするのならば、外見をなるべくきれいにしておくことが大切です。コンプレッサーは丁寧に使われてきたものの方が高い値段で買取をしてもらえます。たとえ、年式が新しくても汚いものは査定額が下がってしまうのです。

十分に掃除をしてきれいにしておきましょう。特に、オイルクーラーや細かい溝は、エアダストなどを使ってきれいにします。精密な電化製品なので、水などを使って掃除をするのはNGです。

なお、コンプレッサーが壊れないようにきちんと保管しておくのも大切です。水分は錆や故障の原因になりますから、水気のない場所に置いておきます

厚手のシートの上にコンプレッサーを置き、さらにその上にシートをかぶせて保管します。

また、付属品や説明書、箱などがあるならば探しだして、一緒に査定に出すと良いでしょう。

壊れないうちに、不要になったらすぐに売却依頼するのも大切です。

おわりに:自治体のルールを確認してコンプレッサーは処分しよう

コンプレッサーはあまり一般的ではない道具です。ですので、自治体によっては粗大ごみとしての回収を行なっていないこともあります。まずは、自治体のルールをきちんと確認をするようにしましょう。

なお、コンプレッサーは価値のあるものですから、壊れているものでも買い取ってもらえる可能性があるのです。ですから、リユース業者への売却も検討してみましょう。

なお、リユース業者に依頼するならば汚れなどをきちんと落としてきれいにしておくのも大切です。