木製の椅子なら燃えるゴミでOK?種類別の捨て方・処分方法を解説

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

不用品の内容をすべて選んでください

不用品の内容についてお選びください。

次へ

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

椅子は、さまざまな種類があるので、どのように処分すればいいのか悩んでいる方も多いでしょう。

使わなくなった椅子の正しい処分方法は、①ばらばらにして、普通ごみの日に処分する②粗大ごみとして処分する③リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらう、の3つがあります。

どんな種類の椅子でも基本的に処分方法は変わりませんが、それぞれに最適な処分方法があります。椅子の種類ごとの捨て方や処分方法を確認していきましょう。

椅子の処分方法3つ

基本的な椅子の処分方法としては以下のようなものがあります。

ばらばらにして、普通ごみの日に処分する

椅子が自治体指定のごみ袋に入るサイズならば、家庭ごみの日に出すことができます。この際に、椅子がごみ袋からはみ出すくらいの大きさならば、回収してもらえない可能性があります。ですので、ノコギリなどでばらばらにして、長さをそろえて出すようにしましょう。

また、木材の椅子であっても、ネジなどのパーツは金属製です。ですので、その部分はきちんと取り外して、分類して出しましょう。

手間はかかりますが、この方法だと処分費はかかりません。

粗大ごみとして出す

大きいものやばらばらにできないタイプの椅子ならば、粗大ごみとして出しましょう。粗大ごみのシールはコンビニなどで購入することができるので、各自治体のルールを確認して、購入しましょう。

例えば神奈川県横浜市の場合だと、応接用いす(1人用)なら500円で処分してもらえるようです。詳しい料金については、各市区町村のホームページなどで調べてみましょう。

ただし、事前の申し込みが必要で、市区町村から指定された日時に、指定された場所に出しておく必要があります。また椅子一つにつき、それぞれ手数料が必要になってきます。何脚も出す場合はすべての椅子にごみのシールを用意するようにしましょう。粗大ごみの申し込みは最大10点まで、などと制限がある場合がありますので、併せて確認しておきましょう。

リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらう

椅子は軽いものではありますが、何脚もあるならば粗大ごみの指定場所まで運ぶのが大変です。また、可燃ごみとして処分するために、たくさんの椅子をばらばらにしていくのも時間がかかるでしょう。

またブランドの椅子であれば、リユース業者に買い取ってもらうことが可能です。まだ使える椅子がたくさんあるならば、リユース業者やリサイクルショップに買取査定をしてもらいましょう。

複数のセットのものや珍しいデザインのものは、高価買取の対象になることもあります。使用年数や購入金額、ブランド名などを調べておき、買取してもらえるか査定をお願いしてみましょう。

買い取ってもらえなかった場合は、引取をお願いできない場合がありますので、その場合は他の方法を検討しましょう。

椅子の大きさや種類で処分方法はかわる?

椅子は大きさや種類によって、処分方法はかわりません。どのようなタイプの椅子でも基本的に、上記で紹介してきたような方法で処分できます。ただし、椅子のタイプごとに適切な方法があるので確認しておきましょう。

木材の椅子の場合

木材の椅子ならば、燃えるごみとして処分するのが一番簡単で、費用もかからず処分できます。燃えるごみのごみ袋に入るように、ノコギリなどを使って解体していきます。

ただし、パーツは金属の場合がありますから、その部分のみは不燃ごみとして出すようにしましょう。解体作業は、二人で作業すると少し楽かもしれません。

パイプ椅子など金属製の椅子の場合

オフィスなどでよく使われるパイプ椅子タイプの椅子は解体が難しいので、粗大ごみとして出しましょう。椅子はそれほど大きいものではないので、費用も数百円程度(※各自治体によって異なる)で回収してもらえます。

座椅子の場合

座椅子は、粗大ごみとして出すのがおすすめです。

座椅子は、ポリエステルやビニール生地、鉄パイプなど多種多様な素材で作られています。そのため、分解してしまうとごみの分類が大変です。

ですので、粗大ごみとして、そのままの状態で出してしまうのが簡単です。例えば神奈川県横浜市の場合だと、座椅子なら200円で処分してもらえます。

おりたたみ椅子の場合

おりたたみ椅子の処分方法で、特におすすめなのは不燃ごみとして処分することです。

キャンプなどで使われるおりたたみ椅子は、支柱などがアルミ製で、ノコギリなどで簡単に小さく解体できます。ごみ袋に入る大きさにして、不燃ごみの日に出すようにしましょう。

デスクチェアの場合

学習机などで使われることの多いデスクチェアは、粗大ごみとして出すのがおすすめです。比較的軽いものが多く、キャスターがついているものがほとんどなので指定場所に簡単に持ち運ぶことができるでしょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

椅子を処分する場合、もしもリユース業者やリサイクルショップに依頼するなら「他に不要なものはないか」ということを確認しておきましょう。処分したい家具などをまとめて出すと、買取価格が上がったりする可能性があります。

また買取査定を依頼するならば、きれいな方が、買取価格が高くなるので、乾拭きなどをして、汚れを取っておきましょう。

おわりに:椅子は種類ごとに最適な方法で処分しよう!

椅子は、どんな種類のものでも①ばらばらにして、普通ごみの日に処分する②粗大ごみとして処分する③リユース業者やリサイクルショップで買い取ってもらう、といった方法で処分できます。

また、木製の椅子は燃えるごみとして出すのが最適ですし、デスクチェアなどは粗大ごみとして出すのが楽です。

自分にとってやりやすい捨て方や椅子の種類を意識して、不要になった椅子を廃棄するようにしましょう。