食器棚の正しい捨て方・処分方法とは?費用はどれくらい必要?

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

不用品の内容をすべて選んでください

不用品の内容についてお選びください。

次へ

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

引っ越しなどのタイミングで、食器棚を処分したいと感じることは多いはず。ただ、食器棚は大きいものが多いですので、処分を難しく感じている人もいるでしょう。

いらなくなった食器棚の正しい処分方法は、①買取処分を検討する、②粗大ごみに出す、③引っ越し業者に引き取ってもらう、④新しい家具を購入する店舗で引き取ってもらう、の4つがあります。

食器棚の正しい処分方法について、さらに詳しく説明していきます。

食器棚の大きさや種類、状態で処分方法はかわる?

食器棚は、大きさや種類に関係なくごみとして処分することになります。

まだ使える状態のものであれば、買取処分を検討する人も多いでしょう。しかし、ノーブランドの食器棚は需要が低く、使えても買取ってもらえないこともあるようです。

人気のブランドのものならば、買取をしてもらえますが、この場合も査定額は元の金額よりも安くなる傾向にあります。

買取が難しい場合は、食器棚は基本的に廃棄処分をすることになります。その場合は、粗大ごみとして処分するようにしましょう。

食器棚の処分方法4つ

食器棚の処分方法は4つあります。しかしながら、食器棚の状態によって、適切な処分方法は変わってきます。自身の食器棚の状態などを確認し、処分方法を選択しましょう。

状態がよければまずは買取処分を考える

ノーブランドの食器棚の場合、それほど需要がありません。しかし、デザインやカラーが優れていて、人気のブランドのものならば、買い取ってもらえる可能性があります。買取業者によっても基準は異なりますが、購入から新しいものならば、買取や無料引取りをしてもらえることもあるようです。

食器棚の状態などを確認し、リサイクルショップなどの買取業者に査定依頼をしてみましょう。特に、家具の買取を専門にしている業者に依頼すると、買取の可能性が高まります。

自分で運べるものは粗大ごみとして処分する

壊れている食器棚や買取業者に断られてしまったものは、粗大ごみとしての処分を検討しましょう。

各自治体やサイズにもよりますが、杉並区の場合だと、箱物家具(高さ、幅及び奥行きの合計が180㎝未満のもの)なら400円、一番大きなサイズの箱物家具(高さ、幅及び奥行きの合計が405㎝以上のもの)なら2,800円で回収してくれます。粗大ごみとして出す場合は、お住まいの市区町村の公式ホームページで事前に確認しておきましょう。

また、小さいサイズの食器棚は不燃ごみや可燃ごみとして処分することも可能です。自治体ごとに異なりますが、30㎝未満のものならば、回収してもらえるようです。なお、木製の食器棚はネジといった金属を取り外して、分類して出さなくてはなりません。

また、大きいものも解体して小さくすれば、普通のごみとして回収してもらえます。ただし、かなり手間がかかるので、避けたほうが無難でしょう。

引っ越しの予定があるならば、引っ越し業者に依頼する

引っ越し業者では、引っ越しのときに不要になった家具の回収サービスを行っている場合があります。引っ越しの契約の際に、食器棚の処分を相談しておくとスムーズです。引っ越し作業と並行して不要な食器棚の処分もできるので便利です。

新しい食器棚を購入するならば、購入店舗の引き取りサービスを利用する

食器棚を新しいものに買い替える場合、購入した家具と引き換えで、古い食器棚を回収してもらえることがあります。新しい食器棚と古い食器棚の入れ替えをスムーズに行えるメリットもあります。

ただし、店舗によってはそのようなサービスがないこともあるので、事前に「家具引取りサービスはやっていますか?」と尋ねてみてください。

処分・回収前にやっておきたいこと

食器棚の処分・回収前にやっておきたいことは、運び出すことができるかの確認があります。食器棚はすぐに必要な家具ですから、新居などに入りたてのころに搬入していることが多いはずです。また、新品で購入したものが組み立て式だった場合、部屋の中へもスムーズに入れることができたでしょう。

しかし、不要になったときには、他の家具や家電が増えていて、食器棚の通り道がないということもあるはずです。食器棚の大きさなどをきちんと把握しておいて、外に運び出すことが可能かを確認しておきましょう。

また、リサイクルショップなどに買取を依頼するのならば、簡単に落とせそうなカビなどは取っておくようにすることが大切です。説明書や予備のネジなどの付属品がそろっていれば、査定時に評価されますので、なくしていないかの確認もしておきましょう。

おわりに:食器棚の状態にあった処分方法を選ぼう

食器棚はきれいな状態のものだったとしても、ノーブランドの場合は買取ってもらえる可能性が低いです。基本的には粗大ごみに出すなどして、処分することになるでしょう。

事前に、しっかりと運び出し方法などを検討しておき、スムーズに処分できるようにしましょう。