使わないマッサージチェアの種類別の捨て方・処分方法を解説

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

不用品の内容をすべて選んでください

不用品の内容についてお選びください。

次へ

不用品の点数を教えてください。おおよその数で構いません。

不用品の点数についてお選びください。

集荷先の郵便番号を教えてください。(東京都全域、神奈川県・千葉県・埼玉県の一部地域が対象です。詳しい対象エリアはこちら

郵便番号をご入力ください

お名前をカナで教えてください。

お名前をカナでご入力ください

次へ

←戻る

ご連絡先を教えてください。

メールアドレス

メールアドレスをご入力ください
※迷惑メール設定をされている方はお申し込みの前に「@eco-land.jp」からの受信ができるよう設定変更をお願い致します。

お電話番号

お電話番号をご入力ください

お電話が繋がりやすい時間帯

お電話が繋がりやすい時間帯をお選びください。
※営業時間内(午前9時~18時)にいただいたお問い合わせは、本日中に0120-530-539からご連絡させていただきます。時間外にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご連絡させていただきます。

最後に、エコ回収・買取についてご質問やご不安な点があれば記入してください。

テキストに全角かなを含めてください。

無料見積りを申し込む

←戻る

買ったものの、実際のところはあまり使わなかった大型のマッサージチェアが自宅に眠っている人は案外多いのではないでしょうか? マッサージチェアは、場所も取りますし重さもあります。不要になったら、なるべく早く処分してスペースを有効活用したほうがよいでしょう。

使わないマッサージチェアの正しい処分方法は、①粗大ごみとして処分する、②小売店にリサイクルを依頼する、③リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらう、の3つがあります。

ただしマッサージチェアの重さによっては、粗大ごみとしては処分できないこともあります。マッサージチェアの正しい処分方法について、さらに詳しく説明していきます。

マッサージチェアの処分方法3つ

マッサージチェアの処分方法としては以下の3つがあります。

粗大ごみとして処分する

自治体の粗大ごみとして、マッサージチェアは処分することができます。

電話やインターネットで事前に申込をして、指定の回収日に所定の場所に出しておきます。自治体によって処分費用は異なりますので、市区町村のホームページから調べてみてください。

ただし、地域によっては収集できる重量が決まっていて、重いものは粗大ごみとして回収してもらえないこともあります。
例えば、東京都杉並区の場合、70kgを超えるマッサージ機は申し込みができません。20 kg以上70 kg以下であれば、2,000円の手数料で処分できます。

また、自分で屋外に搬出しなくてはならないので、力がない方やエレベーターのない団地などの不便な場所に住んでいる人には難しい方法でもあります。

加えて、粗大ごみは平日に回収されます。忙しい社会人は、朝の早い時間帯に、指定場所までマッサージチェアを運べないこともあるでしょう。自治体の粗大ごみに出す方法は、費用は安いですが、あまり現実的ではないかもしれません。

小売店にリサイクルを依頼する

電器店や家電量販店によっては、家電リサイクル法における特定4品目以外の家電を引き取ってくれる店舗もあります。

新しいマッサージチェアを購入する予定がある場合は、新しいマッサージチェアの配送と同時に古いマッサージチェアを引き取ってもらうことができるので、手間が少なく利用しやすい方法です。また新しいマッサージチェアの購入予定がない場合にも、引き取りを行っている店舗もあります。

利用方法やリサイクル費用は、店舗によって異なります。近所の電器店や家電量販店に問い合わせてみましょう。

リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらう

新しくまだ使えるマッサージチェアならば、リユース業者やリサイクルショップに買取ができるかどうか、査定をお願いしてみましょう。買い取ってもらうことができれば、プロに搬出をしてもらえますので、自分で運び出す手間もなく安心です。また費用もかかりません。

特に、使用頻度が低く、製造から年数の浅いものならば買ってもらえる可能性が高いです。ただし、あまりにも古いものや窓から吊り入れた大型のマッサージチェアなどは運び出しの時に破損してしまう恐れがあるので買ってもらえない可能性もあります。

型番や付属品、製造年などを下調べした上で、問い合わせると査定がスムーズです。買取査定は無料で行ってもらえますので、一度査定を依頼しましょう。

マッサージチェアの大きさや種類で処分方法はかわる?

マッサージチェアの大きさや種類によって、処分方法がかわることもあります。たとえば、本格的なマッサージチェアの場合は、重量が100キロ近くになることもあります。

重量が重すぎるものは粗大ごみとして回収してもらえないので、この場合は、他の方法を取らなくてはなりません。マッサージチェアの重量が粗大ごみとして捨てられる範囲か、事前に確認しておきましょう。

処分・回収前にやっておきたいこと

処分・回収前にやっておきたいこととしては、搬出できるかの確認です。もしも、マッサージチェアを設置している部屋のなかに、家具やものがたくさんあると運び出せない可能性もあります。

リユース業者に依頼するにしても、ある程度は片づけをして、スムーズに出せるようにしておくのがポイントです。また、自分で粗大ごみとして出す場合は、壁などを傷つけないように養生もしておいてください。

おわりに:場所を取りがちなマッサージチェアは正しい方法で処分しよう!

不要になったマッサージチェアは、①粗大ごみとして処分する、②小売店にリサイクルを依頼する、③リユース業者やリサイクルショップに買い取ってもらう、といった方法で処分することができます。

ただし、マッサージチェアの大きさによっては、粗大ごみに出せない可能性があります。処分したいマッサージチェアの大きさや自治体のルールをしっかりと確認して、処分するようにしてください。