ドネーションカフェにRe-arise家具が登場!

  • 国連大学 2006年12月5日掲載

エコランドが回収した不用家具に、デザインを加えて再生するプロジェクト、“Re-arise”。
この取り組みから生まれた20点以上の家具たちは、様々なイベントに登場しています。

2006年12月5日は世界共通のボランティアの日。
日本でも、この日に合わせた取り組みの一つとして、
青山通りに面した国連大学の地球環境パートナーシッププラザに
「ドネーション(寄付)カフェ」が生まれました。

kokuren01.jpg

△これが国連大学です。

このカフェ、その名の通り、環境活動を寄付という形で応援することを
目的としたスペースなのですが、ぜひRe-ariseの家具を使って作りたいという提案を受けました。

kokuren02.jpg

△Re-ariseの家具でカフェを構成。

イベント主催団体である、NPO法人 アースデイマネー・アソシエーションの
ハッタケンタロー様にRe-ariseの家具の感想を聞きました。

kokuren04.jpg

△イベント主催者のハッタケンタロー氏

——Re-ariseのカフェついて

「まるで、囲炉裏のような、だんらんのスペースになりました。
たぶん、古い家具のもつ独特の風味のおかげでしょう。
居心地の良い空間だと思います。

たとえばこの事務イスは“機能”だけしか無い感じだけど、
Re-ariseの椅子はそれにプラスアルファが有る感じがします。
周りのスタッフには木片を集めてでできた丸い椅子(KOPPA)がかわいいと評判でした」

オーガニック&フェアトレードのコーヒー、ハーブティーやチョコなどをご用意。
ワークショップや講習会なども行なわれます。

カフェは12月9日までの限定営業となっています。
皆さんもお時間もあればぜひいらっしゃってください!

■日時12/5(火)〜9(土)、
営業時間:10:00〜21:00(入館は20:00まで)

■場所 国連大学 1階(表参道駅 徒歩5分)

kokuren03.jpg

△初日は留学生のための講習会が行なわれました。

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約