エコプロダクツ2006に出展しました!

  • 東京ビッグサイト 2006年12月14日-12月16日掲載

2006年12月14日(木)から16日(土)までの3日間、
日本最大級の環境展示会『エコプロダクツ2006』が、
東京ビッグサイトで行なわれました。

12ekopro01.jpg

△会場内のようすです。大勢の人が訪れました。

エコランドで回収した不用品を素材として、美大生やデザイナーと協働し、
新しい商品を作り出す事業が“Re-arise Project”です。

このProjectにより生まれた家具を、会場の一角、
エコな暮らしをデザインする商品が並ぶ『エコGOODデザイン・スクエア』に出展しました。

12ekopro00.jpg12ekopro02.jpg

△ ここで、イベントにやってくる学生に対しプレゼンを行なっていきます。

また、その中で、エコランドの母体となる株式会社ウインローダー
2007年度内定者主導の、「エコ就職ガイダンス」を開催しました。

12ekopro03.jpg

△ チラシを配って呼び込みをしつつ、ブースに訪れた方に対して、
エコランドのサービスと、そこから派生したRe-ariseについての説明、
そして会社の概要を説明していきます。

12ekopro04.jpg

△ 来場者の流れを見ながら、どんなレイアウトならもっとも効果的か、
どうやって声をかけていくか、うまく説明をするにはどうしたえよいか、
打合せをしつつ、改善していきました。

12ekopro05.jpg

△ 真剣に話し、時には就職活動の相談にも乗ります。
書いてもらったアンケートでは、9割以上に「説明が分かりやすかった」の
評価をいただきました!

12ekopro06.jpg

△また、Re-arise商品の一つ、タイヤにシートベルトを編みこんだイスに、
ブリヂストンさんからのオファーがあり、お貸しいたしました。

来場者数はのべ152,966人、大勢の人にエコランドを知っていただくことが
出来ました。また、イベント終了後は、テレビ局から取組みについての
取材依頼もありました。

環境への取組みを1人でもい多くの方に知ってもらい、
ゴミゼロの輪を広げていきます!

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約