エコニュースVol.5 – 回収スタッフに聞きました! –

エコニュースも第5号となりました。今回はエコランドのフロント
マンである回収スタッフ(ドライバー)の方々にエコランドの回収作
業について話を聞きました。
まずは去年入社したばかりのUさん。エコランドについては「他の
スタッフと色々な場面で協同作業できることが一番楽しい」とのこと
。どんな場面かと聞くと、「別のスタッフが到着予定に遅れた時に応
援に回ったり、また逆もあったりすること」や、「営業所に戻ってか
らの分別作業を手分けすること」「朝の洗車」など、業務のあらゆる
場面が当てはまるとのことです。
続いて回収スタッフの最年長Sさん。エコランドは1都3県を回る
ので大変な場面も多々あるそうです。ただ、「お客様から直接御礼を
言われる時はとても嬉しい」とのこと。何かモノをお届けするサービ
スではありませんが、回収スタッフの方々の姿勢やサービスが喜ばれ
ているということであり、御礼を頂けるということは素晴らしいこと
だと思います。
最後にエコランドのチームリーダーT班長。「お客様一人一人の要
望に応えるのが一番楽しい」とのこと。「とにかく早く回収して欲し
い方、思い出ある品物を丁寧に運び出してほしい方、お客様の要望は
一人一人違うので、それぞれのお客様のために対応するというのはや
りがいがある」ということでした。
このように回収スタッフの方々からは、直接お客様と対面する仕事
の嬉しさが伝わってくるコメントを頂きました。本当に有難う御座い
ます。次回はエコランドの縁の下の力持ち、受付・ゼロエミッション
センターの方々からエコランドについて話を伺います。

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約