エコニュースVol.48 – エコ回収の仕組み –

rrr.jpg

おかげさまで48号です。
エコニュースを始めてからもう4年が経ち
ました。
時が経つのが早いと感じる今日この頃、これからも日々、意識して精進していきます!

さて、前回はいよいよ始まったエコランドの新しいコンセプト、
「Less is beautiful」について書きました。

今回は、「エコ回収」とは? について書きます。
そもそもエコ回収とは、私たちエコランドがつくった造語です。

エコ回収は、「Re-use・Re-cycle・Re-arise」の循環で、回収したものをゴミにしない、
「エコで新しいお片づけ・不用品回収サービス」のことです。

「Re-use・Re-cycle・Re-arise」がついていないサービスは、
ただの「不用品回収」、という意味です。

エコランドを始めた当初、ライバル企業と言える企業は数えるほどしかありませんでした。
それが現在、「不用品回収」や「粗大ごみ」という言葉でインターネット上で検索をすると、
ものすごくたくさんの企業が検索されます。

それらの会社と私達エコランドでは何が違うのか?
他社との差別化の一つが、「ゴミゼロ」の考え方です。
その「ゴミゼロ」の考え方を具体的に表現しているのが
Re-use(エコオク、ヤフオク、リサイクルショップ)であり、
Re-cycle(ゼロエミッションセンター)であり、Re-ariseであります。

上記のサービスのどれか一つでも無ければ「エコ回収」とは呼べません。
また、「ゴミゼロ」の考え方、環境への取り組みが無くても「エコ回収」とは呼べません。

逆に、「エコ回収」とうたっているからこそ、
私達のサービスはさらに磨きをかけることが出来るわけです。

そういった意味を込めてつくったサービス名称ですので、
ぜひ、皆さんも、「どんな仕事をしているの?」と聞かれた時は、
誇りを持って「エコ回収をしているんだ!」 と答えて下さい。

そして、私達の「エコ回収」が世の中の「不用品回収」や「粗大ごみ回収」の
イメージを変える事が出来た時にはじめて、「エコ回収」の成功と呼べるようにしていきましょう!

今後とも皆さんで一緒に「エコ回収」の輪を拡げて行ければ楽しいと思います。

次回は、今年新しくチャレンジをした、「エコジャパンカップ」について書いてみます。
11月18日が最終審査の結果発表ですので、次号には結果が出ていると思います。
皆様お楽しみに!

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約