エコニュースVol.43 – カーボンオフセット –

おかげさまで43号です。前回は「エコオク」って凄いと自我自賛しちゃいました。今回は、いま世間で騒がれている「カーボンオフセット」について書きたいと思います。
カーボンは「カーボンダイオキサイド」つまり二酸化炭素の略で、「オフセット」は相殺という単語です。つまり、「カーボンオフセット」とは発生した二酸化炭素を何らかしらの方法で相殺しようという仕組みのことを表します。
環境省の2007年度『環境白書』によると、日本では一人当たり年間約10t(お風呂約6,000杯分)の二酸化炭素を排出しているそうです。これは、世界平均の約2倍の量となってます。地球温暖化の一つの原因と考えられる二酸化炭素(CO2)は減らさないといけません。
節電やエコドライブ、マイ箸、マイバッグなどの一人一人の省エネ努力も、もちろん大切です。しかし、それだけでなく、排出してしまった二酸化炭素を意識して「相殺」しようという取り組みが「カーボンオフセット」です。具体的に相殺する方法は、植林や排出権の購入、グリーンエネルギーの使用があります。最近ではカーボンオフセット年賀状だったりカーボンオフセット旅行だったりと少しずつ世間では騒がれている手法です。
私達が日々、使用しているトラックからも当然、CO2が排出されております。2tトラック一台の稼働日数が、例えば25日とします。そして、一ヶ月の走行距離が2,500㎞とします。燃費が9.5リットル/㎞なので、
一ヶ月に、263リットルの軽油が使用されます。263リットルの軽油だと0.7tのCO2が排出されております。年間にすると、トラック1台につき、約8t程度のCO2排出量となります。

実際に私達のエコランド車両7台について今回、カーボンオフセットをしてみました。エコランドの車両から排出されるCO2のうち59.84t分をジーコンシャスさんから排出枠の購入をしています。
韓国のウルサンという街にて温室効果ガスの削減プロジェクトに投資をしました。その結果、見込まれるCO2削減分について相殺(オフセット)したという証明書が発行されました。実際に洞爺湖サミット含め今後、ますますCO2削減について全世界での対応が求められてきます。私達も他社の活動でCO2削減を図るというものでなく、実際に事業活動でゴミゼロを目指している企業として私達に依頼するとCO2が削減されますとアピール出来るようにしていきたいものです。

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約