エコニュースVol.36 – エコランドの未来 –

おかげさまで36号です。先月は、「エコランドの未来について」第
三弾として、どのように、全国の運送会社さんに「エコランド」を展
開していくか? についてお伝えしました。今回は話をちょっと変えて、
少し前にあった素敵な話しをしたいと思います。
以前、PUMAさんとエコランドでコラボレーションして、エコバッグを
作成したという話はお伝えしたかと思います。そのいきさつと、その
後について改めてお話します。
そもそもは、単純な回収の依頼からでした。PUMA事務所のご担当者様が、
ホームページをご覧になり、エコランドの回収サービスをご利用頂き
ました。その際に、私たちの電話応対や、回収スタッフの対応を含めて、
何かを感じたのでしょう。ご利用頂いた後に、HPを詳しく見て下さり
ました。
その際に、私たちは、ただの回収だけでなく、回収後に様々な取組を
して、「ゴミゼロ」を目指している会社だなぁと感じて、興味を持っ
て頂きました。
その後、PUMAのデザイナーであるミハラヤスヒロ様が、廃材を利用し
てアート作品を展示したいと思った際に、事務所のご担当者様から「面
白い会社があるんです」という話になり、PUMAさんがエコランドに見学
に来るようになりました。
日ごろ、私たちは何気なくお客様と対応させて頂いておりますが、そ
の私たちの言動、振る舞い、態度といった全てがかさなり、今回のよ
うな奇跡のような話に繋がりました。
何が奇跡かというと、私たちの取組を話すことで、PUMAさんとエコラ
ンドのコラボレーションのショッピングバッグだけでなく、Re-arise
の審査員や私たちの靴をデザインしてくださるなど、普通には考えら
れないような話がトントン拍子に進みました。
今まで色々な営業活動をしてきましたが、今回は本当に嬉しいなぁと
感じました。私たちの電話応対・回収・販売・処理・ホームページで
のアピールなど私たちの活動全てが有機的に結びつかないと今回のよ
うな話にはならないと感じた瞬間でした。
また、ミハラヤスヒロ様本人と話しましたが、靴を作る際にも、無駄
な皮革がたくさん廃棄されるそうです。以前から、そういった「もっ
たいないなぁ」という感覚は持っていたとの事でした。
世の中には、まだ私たちが知らない「もったいない」が存在すると思
います。そういった声にお答えしていくのも、私たちの仕事かなと強
く感じた話でした。

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約