エコニュースVol.10 – 廃棄物って何!?PART3 –

お蔭様で10回目を迎えました。反響があるか無いか分かりませんが、
折角の皆さんへ発信できる機会を頂いておりますので今後も続けてい
きます。何かこんな事を書いて欲しいというご要望があれば書いてい
きますのでご指導頂ければ幸いです。
さて、前回「産業廃棄物」と「一般廃棄物」について記載しました。
簡単におさらいをすると、産業廃棄物とはあらゆる事業活動に伴うも
のと、特定の事業活動に伴って生じた廃棄物で20種類に分類されて
おります。それ以外は一般廃棄物といいます。
今回のポイントは産業廃棄物と一般廃棄物のおかしいなって感じる
事を書いていきます。
例えば、「木くず」という産業廃棄物があります。これは特定の事
業活動に伴って生じた廃棄物の事で建設業や木製品製造業、パルプ製
造業、輸入木材卸売業から廃棄されたもの以外は一般廃棄物と言います
。では、我々運送業に携わるものとしては木で出来たパレットが使い
物にならなくなる事もあります。そうしたパレットを捨てる際には一
般廃棄物として処理しなければいけません。一般廃棄物として処理し
ようとすると一般廃棄物の処理場に運ばなければなりませんが、残念
ながら受け入れ先が無いというのが現状なのです。ではどうやって処
理すれば良いのか?これは産業廃棄物と見なして処理するのが現実な
のです。
他にも家電量販店様からの家電関係の廃棄物を扱わせて頂いており
ますが、家電量販店様からで無く、一般のご家庭からの廃家電になる
と一般廃棄物となってしまいます。一般廃棄物としての扱いになると
自治体からの委託された業者でしか回収が出来なくなってしまいます
。我々運送業に携わるものとしては家電量販店様から捨てられた廃家
電だろうが、ご家庭から捨てられた廃家電だろうが関係ないのではと
思うのですが、法律の主旨から行くと回収するのは難しいようです。
まだまだあるのは、個人商店を営んでいる方から捨てられた家電や
家具は産業廃棄物となるが、ご家庭から捨てられた者は一般廃棄物と
なってしまいます。
これがどう影響するかがポイントなのです。我々はゴミゼロを目指
しております。ゴミゼロを目指していると何処から廃棄された廃棄物
と言うのは残念ながらあまり重要ではありません。そのゴミがどんな
素材で出来ているか?プラスチックなのか、鉄なのか、木なのか?こ
れが重要であって何処から捨てられたゴミかではありません。
今回も誌面の関係でここまでとしますが、次回は我々が目指すゴミ
ゼロの活動について今一度触れていきたいと思います。

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約