エコニュースVol.23 – なぜ廃棄物に興味を持ったのか –

おかげさまで23号です。前号では、リサイクルリンクを設立とし
た2001年当時のようすについて書きました。今回はその時の会社のビ
ジネスモデル(事業として何を行なっているのか)について書こうと
思います。
リサイクルリンクのビジネスモデルのポイントは、「リサイクルフ
ィルター」と名付けた、不用品をリユース(再使用)するためのシス
テムと、インターネットによる情報提供にありました。
1.「リサイクルフィルター」のしくみ
① まず、ご家庭や企業から出る不用品を、主にインターネットを窓
口として受付けます。② 回収のとき、お客様から運搬費と処分費を
いただきます。③ 回収された不用品は、リサイクルショップを集め
て開催する、オークションを通じて販売します。④ このオークショ
ンで落札されれば、最初にもらった処分費と落札価格の合計額の7割
をお客様に返却します。落札されなかった場合には、業者に適正な処
分を依頼します。
2.インターネットを用いた情報提供
リサイクルフィルターの①から④までの流れをすべて、インターネッ
トを通して公開します。透明性を確保することで、環境対策に対する
全ての人の意識を変革することが目的でした。また、HPには、リサイ
クルショップ検索機能、不用品価値算定機能、電子マーケットプレイ
ス機能を盛り込みました。
① リサイクルショップ検索機能
全国のリサイクルショップ(リサイクルリンク会員)を紹介します。
リユース品の購入と利用を、一般消費者に促すためです。②不用品価
値算定機能についてリサイクルショップでの買取価格というものは、
相場が分かりにくくなっています。HPを通じて、不用品の価値を算定し
、お伝えすることができるようにしました。

③電子マーケットプレイス機能について
HPに「売ります・買います」の電子掲示板を設けました。売りたい品
物・希望価格などの条件を書き込めば、複数のリサイクルショップと
やりとりができます。また、リサイクルショップ同士での商談や、リ
サイクルショップから消費者への直接取引も可能でした。
もう紙面がつきてしまいました。次号ではなぜこういった仕組みで
事業に取り組もうとしたのか、その背景について書こうと思います。

あなたにとってのいらないモノをゴミにすることなく、また誰かに使ってもらう。 エコランドの「エコ回収」は、「いらない」世界を変える、モノを大切する社会の実現をミッションとしています。
これまでも、日々さまざまな「いらないモノ」とたくさんのお客さまと向き合ってきました。昔は「モノを大切にしましょう」とよく耳にしたものですが、大切にするどころか、今の世の中はいらないモノで溢れかえっています。
いらなくなったらポイッと捨てるか、処分の仕方もわからないし面倒だし、何より重いからそのまま放置しておく…という方も少なくないでしょう。

でも、ちょっと待ってください。もしかしたら、それは誰かが「欲しい!」と思っているモノかもしれません。
あなたが今まで大切にしてきた、まだまだ使える「いらないモノ」を誰かの欲しいにつなげて、また大切に使ってもらいませんか?
エコランドのエコ回収では、いらないモノを、欲しいと思っている誰かにつなげるお手伝いをしています。

また、誰かにまた使ってもらえるという流れは、地球に優しいエコな世の中に変えていくことにもつながっています。モノが溢れかえっている世の中だからこそ、モノのあり方を再度見直してみましょう。

エコ回収では、お客さまが大切にしてきた家具や家電など、愛着のあるモノを丁寧におあずかりし、さまざまな独自のルートで販売または寄付をいたします。
販売が成功したら、10%の成功額をお客さまへキャッシュバック、または寄付を選べます。

また、いらないモノの引き取りは、お客さまのご都合に合わせてご自宅にまで伺いますので、お客さまご自身が重い家電や家具を持ち上げて運ぶ必要はありません。
あなたも、これまで大切にしていた「いらないモノ」を、また大切に使ってくれる誰かに渡る感動を体験してみませんか?

エコランドのサービス
エコ回収・買い取り
掘り出しオークション
産廃の収集運搬
不用品処分情報サイト リユシル
エコランドの取り組み
お知らせ
メディア紹介
イベントレポート
エコランドファンドレポート
企業情報
運営企業
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
エコランド会員規約
エコ回収利用規約
エコランドオークション利用規約